本文へスキップ
「教え」と「技術」のスパイラル
本文スタート

少林寺拳法とは

少林寺拳法は1947年、日本において宗道臣が創始した“人づくりの行”です。


自分の身体と心を養いながら、他人とともに援け合い、幸せに生きることを説く 「教え」と、
自身の成長を実感し、パートナーとともに上達を楽しむ「技法」、 そして、その教えと技法を遊離させず、相乗的なスパイラルとして機能させる 「教育システム」が一体となっています。 人間は生まれながらに、どのようにも成長してゆける可能性を秘めています。


少林寺拳法は、その可能性を信じて自分を高め続けられる人、周囲の人々と協力して物心両面にわたって豊かな社会を築くために行動できる人を育てています。